入り口のキータイプを詳しく紹介します!

入り口には多くの種類のキーが使われています。

したがって、多くの人々は、どのような種類の鍵を使用するかを知らない。

多くの種類がある場合、あなたは失われます。

今回はエントランスの鍵のタイプについて紹介します。

一般的な鍵からデジタル形式まで、さまざまな種類のものを紹介しますので、新しい入り口鍵交換を検討している場合は、それを参照してください。

エントランスで使用される主なキータイプ

一般的な入り口には3種類のキーがあります。

ここでは、戸建住宅やマンションに使用されるキーの種類を紹介します。

・ディスクシリンダロック

これは、キーの両側にギザギザのあるタイプのロックです。

ディスクシリンダー錠は、日本の戸建て住宅やマンションで非常によく使われている鍵です。

キーの隙間にゴミが入っても引き続き使用できます。

シンプルな構造と高い普及率から選ぶのは簡単な鍵だと言われています。

・ピンタンブラー錠

キーの片側にギザギザのタイプのロックがあります。

創意工夫は難しいが、鍵の装飾は一方向性であるが、セキュリティー防止は高くないという特徴がある。

ピンタンブラーロックは、ロッカーや引き出しのキーとしても広く使用されています。

・ディンプルシリンダロック

ディンプルキーとも呼ばれます。

鍵の表面に飾られた空洞があり、構造が複雑であるため、拾いにくく、セキュリティ性能が高い鍵です。

比較的新しい戸建て住宅やマンションで使用されています。

エントランスの鍵を交換すれば基準を見てみましょう

入り口の鍵を交換するときは、ドアの大きさを把握する必要があります。

設置されるドアの大きさは、入り口のキーの種類によって異なります。

私は何のポイントに焦点を当てるべきですか?

・ドアの厚さ

まず、ドアを開くときの厚みを測定します。

デッドボルト(ドア側から突き出てロックする部分)とラッチボルト(ドアを開かないように閉じた先端が三角形の部分)の大きさを測定してください。

・バックセット

バックセットとは、ドアの端からロックの中心までの距離のことです。

商品説明が記載されている「B・S」と記載されていることがありますので、一度ご確認ください。

・前面

正面は、デッドボルトとラッチボルトが出ている面に取り付けられたボードです。

キー製造者は、しばしば正面から言及されている。

エントランスの鍵を自分で交換する手続き

入り口の鍵のタイプに応じて、自分で交換することもできます。

ここでは、シリンダーロックを変更する方法を説明します。

①ドアを開けてカバーを外す

デタボルトとラッチボルトの上下にあるネジを外して取り外します。その中の棒を引き抜いてみましょう。

いくつかの棒状のものがありますが、上部と下部の2つを取り除きます。

③新しいシリンダーを取り付ける

新しいシリンダーは、シリンダーを取り外す順の逆の順序で取り付けてください。

シリンダーロックはホームセンターや主要な専門店でも販売されています。

あなたが自分自身を交換することに心配している場合は、業者に入り口のドアを変更するように依頼する方法もあります。

心配している場合は、キーを交換できる業者にお尋ねしましょう。

また、キーの種類や状態によっては、ドアノブを変更する必要があるかもしれません。

ドアノブを交換するときが来るので、自分で交換するのは難しいので、業者に尋ねる方が良いです。

セキュリティ保護を考慮すると、ダブルロックが推奨されます!

キータイプのエントランスを更新するときは、ダブルロックを検討することを検討してください。

ダブルロックは、2つのキーを1つのドアに取り付けることです。

それはまたワンドゥ2ロックと呼ばれています。

2つのキーを取り付けすることで、セキュリティをさらに強化できます。

スパマーは、侵入のために5分以上かかると諦める傾向があると言われています。

2つのキーを取り付けすると、キーを開く時間がかかり、侵入を防ぐことができます。

また、見た目からは、「犯罪防止対策」の印象を泥棒犯に強く与えることもできます。犯罪に対する抑止効果が期待できます。

2つのキーのそれぞれは、異なるタイプであってもよい。

2つのキーを持ち運ぶ必要がありますが、ロックを解除するのは面倒ですが、セキュリティを向上させたい方にとってはより良い方法です。

入り口のキータイプに便利なものがあります!

私は主要な入り口のキータイプとして3種類を紹介しましたが、他の種類のキーもあります。

今回は、キーを挿入する必要のないデジタルキーを紹介します。

・ ピンロック

PINコードを入力することでロックを解除することができます。

電池の種類と電池の種類があります。

ボタンが何を暴露しているか、カバーを開いて番号を入力するタイプのように見えます。

鍵を運ぶ必要はないので、私は失うことはありませんが、番号を忘れることを忘れてしまい、誰かがあなたが入っている場所を見ているので、PINロックに固有の問題があるので注意してください

・カードロック

カードを挿入してシリンダーを回転させ、カードを保持するタイプがあります。

鍵穴がないので、選ぶ心配はありません。

ただし、カードが曲がったり壊れたりする場合がありますので、カードの取り扱いには注意が必要です。

・バイオメトリクス認証錠剤

顔や指紋を確認してロックを解除できます。

キーとカードを持ち運ぶ必要はないので、キーやカードを失うことを心配する必要はありません。

欠点は、設置コストが高いことである。

まとめ

今回は、入り口のキータイプについて紹介しました。

また、一般的な鍵を挿入するタイプ以外にも、入り口の鍵はカード型などの新しいタイプのタイプであり、生体認証型のものが開発されている。

それがシリンダーなら、あなたはそれを自分で交換することができます。なぜそれを試してみませんか?

「自分とやりとりするのが少し難しい…」と言う人には、プロの鍵交換の専門家に相談する方が良いでしょう。

経験豊富な専門家に尋ねた人は、迅速かつ適切に鍵を交換します。

新しい鍵を交換するときは、セキュリティレベルをさらに高めるために、鍵を二重にしておくことをお勧めします。

関連記事

ページの先頭へ